2007年02月03日

薩摩の火薬工場♯83

古来火薬の製造には

硝石なるものが欠かせなかったが

これは床下に生き物の糞尿の周りに発生するという

なんとも胡散臭い代物で

幕末からここで火薬を製造するために

鹿児島中の肥溜めから

錦江の海を越えて

硝石の元が運び込まれたとか

  shikine.JPG

 

西郷翁の指導のもと

火を吹いた薩摩の大砲

明治を切り開いた破壊力も

そうしてここで作られたとは!

湾奥に封印された

火薬工場の顛末

posted by Webmaster at 15:17| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリートーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。