2007年03月09日

長浜城東・西・南・北 2007.3

シリーズ小道・裏道・散歩道V
 小道シリーズ、今回の舞台は長浜城の麓。
大きな山塊の下をぐるりと歩いてみた。
 また宝石のような小道に出会えた。
 道には歴史があり、歴史に人のドラマがありそして今がある。
 霧島市には宝が沢山ある。
地元びいきを抜いたとしてもこれほど宝が詰まっている地域も珍しいのではないか。
 それを価値ある物とみるかどうか。それは人々の感性である。
そんな感性を持ち合わせた人が沢山いるとしたら、
そしてそれを市の魅力、真の力として生かそうとするなら―。
 
・島津覇権争いの渦中で
・国分平野の雄、本田氏と国分の乱
・長浜城を守る樺山氏
・ミカン畑の下に歴史が眠る
・長浜坂から野久美田へ
・破戸脇の湊
・陸の孤島の伝統漁法
・西壁麓と見隆寺の記憶
 
posted by Webmaster at 11:29| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 今月の特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[続きを読む]
Excerpt: mixiを使った稼ぎ方を教えます!mixiを楽しみながら、○○○○するだけで、あとは、ず〜〜っとほったらかし状態。あとは、毎月毎月銀行口座にお金が振込まれるのをニヤニヤしながら確認するだけなんです。会..
Weblog: 40歳サラリーマン
Tracked: 2007-03-09 12:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。