2007年05月17日

隼人の乱 後編/敗れざる者(シナリオ版)

シナリオ「隼人の乱」の後編です。
隼人の村人はどうなったのでしょうか。そして白狐は―。
歴史は勝者によって書かれていますが、私達は敗れた隼人への想いにこだわります。
湾奥では史上、多くの戦いがありました。
戦争とは(いかなる美しい理由を付けようとも)利害の対立にほかなりません。
しかし、隼人の乱はもっと古典的な形。つまり価値観(文化)の異なる集団が出会った
時におこる悲惨な衝突だったのではと思います。
 こんな場合、進んだ文明を持った方が勝つのですが、後に振り返ると実は、滅ばされた
側の方が優れた文化をもっていたと気付くことが少なくないのです。
 隼人の生き方は今の私達に大切なものを教えてくれるように思えてなりません。
第三幕
 第一場 森の中の戦闘
 第二場 ガマに中
 第三場 大和軍の司令室
第四場
 第一場 隼人の戦場
 第二場 再びガマの中
 第三場 (最終場面)高原の尾根
 


posted by Webmaster at 15:39| 鹿児島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 今月の特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。